goldhanko.com

大好きだけど寂しいカラオケ

ストレス解消のため、趣味のカラオケを楽しんでいます

大好きだけど寂しいカラオケ 私は幼いころから歌うことが大好きな子どもでした。テレビで覚えたアイドルの曲を、家族や親せきの前で歌って踊っていたことをよく覚えています。そんな私の趣味はカラオケです。生まれて初めてカラオケに行ったときは、その楽しさに感激した記憶があります。それ以来、友人や同僚たちと歌いに行くことが非常に多くなりました。大きな声で歌っていると、それだけで嫌なことがあって沈んでいるときも明るく元気な気持ちになるから不思議です。

また、30代になってからは、ストレスがたまってしまったときなどは一人でカラオケを歌いに行くようになりました。一人で行く魅力は、周りの人の目を気にせずに、どんな曲でも自分のペースで楽しむことができる点にあると思います。たとえば、みんなが知らない曲だからと遠慮して歌うことができない曲は、一人のときに思い切り歌うようにしています。それまでは、ストレスがたまったときは、CDに入っているカラオケを自宅で大きな音で流して、それに合わせて歌ってストレスを解消していました。でも、近所迷惑になることもあるかもしれないので、頻繁にはできずにいたんです。その点、一人でカラオケに行けば、大好きな曲を自分のペースで歌い、思い存分楽しむことができるので、今では趣味の一つとして満喫しています。

Copyright (C)2018大好きだけど寂しいカラオケ.All rights reserved.